タルラーク鯖に生息する とある(自称)魔法使いの日々。 マビの事とか、気になる事とかを徒然なるままに。
03 << 2017/04 >> 05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2014-03-30 (Sun)
「あと少し文字が入れば…」とか
「主旋律の文字数は余っているのに…」とか
「ツールでは思ったほど圧縮できてないなぁ…」とか

思った人はとりあえず読んでみてください?
もしかしたら、文字数が足りるようになるかも?



そんな訳でツールでは出来ない圧縮・分散ネタを幾つか。

①文字を分散させる
主旋律とか和音とか言ってますが、ペットに歌わせたりしない限りは何処で音を鳴らしても同じです。
だから、文字数分散の為に余裕のある場所に代行させるのはアリです。
(大抵の場合は、数文字増える事になりますが。)
例えばこんな感じ。
20140330001.png
音のつながりで考えるなら真ん中の青のコードは緑で書くべき所ですが、青と緑に分担させてます。
こうする事で緑の文字数を減らして青を増やすことが出来ます。
此処で注意するのは音の大きさと、音階「<>」と空白「r」の使い方です。
rだって文字なのでなるべく少なくなるように分担させます。
上記では音域で分ける事により音域を変える「<>」分2文字が減っているのと緑の空白がr1で済んでいます。
音の大きさを2回変える場合は4~6文字使うので、移動先に余裕が無い場合は注意。

②音の長さを調節する
例えば「c4&c16」とかになっている場合、そのC16は本当に必要ですか?
無くても困らない場合は外してしまえば「&」分一文字節約できます。
もし半音ずれている「C+4&c+16」の場合なら2文字お得です。
1箇所1文字や2文字かもしれませんが、大抵の場合は同じような繰り返しがある為、馬鹿になりません。20140330002.png
左がくっつけた場合「e2.&e16」、右が空白にした場合「e2.r16」。

③音の長さを調節する2
ウクレレやピアノ等、長音が出せない楽器の場合、下手に音を切るよりそのまま伸ばした方が文字数の節約になったりします。
20140330003.png
左が必要分だけ音を伸ばした場合「e4r2r16」、右が伸ばした場合「e2.r16」

④音を出さない
他の音とかぶってる場所で音が短い場合、音が出ていなくても気になりません。
逆に重ねてしまって音が切れたりするとそちらのほうが気になったりします。
そんな時は遠慮無く音を出さない様にした方が文字の節約になります。
20140330004.png
上記では、緑の音と赤の音が同じ音になる為、緑に任せて赤は音出していません。
もし出した場合「r16」が「>d16<」となる為、2文字分お得になっています。

20140330005.png
上記の場合、ヴァイオリン演奏であるため、重ねて音を出すと切れてすごく聞き辛くなります。

⑤音の大きさを見直す
頻繁に音の大きさを変えているのであれば、それが本当に必要か確認してみてください。
例えば「V10」や「V11」なら「V9」でも問題ないかとか、フェードアウトで減らす音の大きさとタイミングとか。

⑥ベースの取り方
よく、以下の緑の様なベースの書き方をすると思いますが
20140330006.png

和音に余裕があり、違和感を感じないベース(リュートやウクレレとか)の場合なら以下の様な書き方をすることで文字数を劇的に減らす事が出来ます。
20140330007.png
音階の移動「<>」や空白「r」を必要としない為、半分とは言わないまでもかなりの削減が見込めます。
スポンサーサイト
* Category : マビノギーMML作成
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。