タルラーク鯖に生息する とある(自称)魔法使いの日々。 マビの事とか、気になる事とかを徒然なるままに。
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2014-01-31 (Fri)
フードマスタリ上げのついでに上げてみました。

どうせ持ち変えるならリサイクルでと言うことで…
20140131001.jpg

何この永久機関…

ひたすら絞ってたら残り5分で何とか間に合いました。
20140131002.jpg

乳絞ったからドラゴンが現れたわけではありません。多分。

20140131004.jpg

やりようによっては牛乳のほうが強いと思うんです。

20140131003.jpg

まぁ、昔々の福袋のペットですが、作ってから一番輝いてたと思う今日此頃。
スポンサーサイト
* Category : マビノギ-チラ裏
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-01-30 (Thu)
20140129003.jpg
さくっと。

確かに作るだけの簡単なお仕事でした。

Rank4から、もらった生活スキル2倍ポーションも投入して一気に。
20140129002.jpg
ギリギリ間に合いました。

そして今までにないマスタータイトルの効果が。
20140129001.jpg
ある意味、中途半端で使わないタイトルよりはよっぽど気が利いてる気がします。


…ちなみに、コレ終わってから店売りチョコで修練できる事に気付いた件。
まぁ、生活修練2倍の使い道が有るような無いようなだからいいけど…。

Return

* Category : マビノギ-チラ裏
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-01-28 (Tue)
20140127001.jpg
なんとか終わりました。

8からのスタートだったので、まずはカステラで小麦粉集めを。
2周でこれだけGET。
20140127005.jpg


面倒臭いと思ってた衣にこんな物があったとは。
グリニスが50Gで売ってました。
20140127006.jpg

本?面倒なのでコレで。
20140127007.jpg
今のところ使うアテもありませんし。


まぁ、食べればこうなりますよねぇ…。
20140127002.jpg

ピーカン20個一気食い

20140127003.jpg

ピーカン10個追加

20140127004.jpg

ピーカン恐るべし…

Return

* Category : マビノギ-チラ裏
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-01-26 (Sun)
と言っても、耳コピのテクニックでない辺りがアレですが。



①調律について
よく言われる調律と言うのは「最初の48音が成功していれば演奏は成功する」というマビの仕様を利用したものです。
だから曲の前にCを48個連続で書いておき、C以外の音が出たら失敗と事前にわかります。

でも、そのままだとノイズみたいな音になるので&で音を繋ぐと一つの長い音になります。
失敗すると途中で切れるのですぐに判ります。

で、折角のMMLですし「文字数が余ってるならネタに使ってもいいじゃない!」という事で
何処か伸ばせる音があれば、そこに調律を仕込む事で前奏みたいな形で聞かせる事も出来ます。

以下参考までに。

:銭型マーチ風
:ジャイアン風
:愛は不死鳥の様に風

ちなみに、ソロ演奏はピアノ以外は演奏を100%成功させる方法(後述)があるので
調律は不要だと思います。
あと、打楽器の調律(大太鼓、小太鼓、シロフォン等)は&でつなぐとダメなようです。



②作曲と音楽知識について
マビで楽譜を書く際「作曲はなるべく高く、音楽知識はなるべく低く」した方が良いのですが
合奏・合唱アクションを使うのはどうしても音楽知識Cが必要です。
(ちなみに、アクション取得した後アントレで音楽知識を落すとアクションが使えなくなります。)
mml029.png
mml028.png

だから、本格的に書く場合は楽譜を書くキャラを用意した方が良いです。
作曲1、音楽知識練習状態が最も望ましい状態となります。

特に多人数合奏をする場合に、音楽知識の高い楽譜と低い楽譜では成功率が全然違います。



③バフ音楽について
ソロ演奏する場合、バフ音楽(忍耐の歌や豊作の歌など)を使う事で演奏を100%成功させる事が出来ます。
但し、ピアノだけはバフ音楽が使えないのでその手は使えません。

癒し系の曲なら豊作の歌、激しい曲なら戦闘の序曲、疾走感のある曲なら行進曲…等、曲に合わせた
エフェクトが出るバフ音楽を使えば盛り上がる…かも?



④幻想のコーラスについて
ソロ演奏では主旋律・和音1・和音2しか使えないと言ったが…アレは嘘だ。

幻想のコーラスは楽譜の歌の部分に書かれているMMLを基にコーラスしています。
例えそれが楽器演奏でも。だから幻想のコーラスを使う事で、ソロで歌を同時に使うことが可能です。


つまり、弾き語りが可能です。


但し、元々が幻想のコーラスなので歌のボリュームを最大(V15)にしておかないと中々聞こえません。
そして、そのままその楽譜で歌スキルで歌うと五月蝿いです。

あと、女性音声のコーラスですが、通常の歌スキルより本の少し高い音まで出るようです。

今回作ったものに女性コーラスを付けたのが以下。

:リラ
:コーラス
こんな感じで書いて
mml030.png
演奏すると、コーラスがいい感じに。
mml031.jpg

今回はこれで完成と言う事で。


4/5追記。
打楽器はあとで知りました。orz

Return

* Category : マビノギーMML作成
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-01-25 (Sat)
マビのMMLには文字数の限界があります。当然このままだとマビ上で演奏できません。
無理やりマビ内の楽譜に書いても、作曲スキルで書き込んだ時に限界文字でぶつ切りされます。

仕様的に、主旋律が一番文字数が多く、和音2が一番少ないです。
だから『余裕のある所に文字数の多い事をやらせる』と言う調整というか節約が必要になります。

まずは、MML圧縮機能を使ってみましょう。
押すとかなり小さくなります。
mml018.png
mml019.png

それでも入らない場合は、複雑に入り組んでいる音の所を主旋律に、なだらかな音の所を和音に
持ってくるように曲の一部の主旋律と和音を入替えます。

入替方法は簡単。

①新しいパートを作る
mml011.png
mml012.png

②入替える元を選んでカット(Ctrl+X)する
mml013.png

③新しいパートに貼り付ける(Ctrl+V)
mml023.png

④空いた所に、入替え対象を同じ様に切り取って貼り付ける
mml024.png

⑤最後に新しいパートにコピーしたものを移して入替完了!
mml020.png


入替えているので当然音の大きさが違います。入れ替わった所で音の大きさを調整しておきましょう。
邪魔なら新しく作ったパートは削除してしまってOK。

こう言うコピペが出来るのもまきまびしーくの使い勝手のいいところ。

結局、主旋律とか和音とか言ってますが1つの楽器を3人で演奏しているようなものと思えば良いかと。


後ろの方にある似たような場所も同じように入れ替えることで
ようやくマビ内の作曲スキルで書ける様になりました。
びふぉー
mml017.png
あふたー
mml025.png


文字数もこんな感じに。
mml026.png

    ↓


mml027.png

なんとか、作曲Rank2で書けるように。


しかしまだ油断は禁物です。
ツールでは綺麗に再生できても、マビ内だと失敗したりします。
だから、マビ内でのお試し演奏は大切です。



そんな感じで今回作ったのが以下のMML。
此処に書いてる以外にも色々いじってます。

参考にする場合、ダウンロードして拡張子を『mms』にしてまきまびしーくか3ML Editorで開いて下さい。

sample5.mms


色々いじっていたら、Rank1に昇格している件…

Return

* Category : マビノギーMML作成
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-01-24 (Fri)
主旋律と和音を作って見たものの、まだなんか寂しいです。

曲をよく聴いていると、主旋律と伴奏以外にも色々な音があると思います。
今度はその音を今作っているMMLに入れていきます。
mml009.png
例えば上のSSは、動画の0:08~
コーラスに合わせてにハープの音が聞こえます。


また、音が薄いかな?と思う所に盛っていきます。
mml010.png
上のSSは、動画の0:20~
主旋律の歌に合わせてコーラスが少しずれた音で聞こえると思います。

その音だけ聞いてるとずれてるように感じますが、主旋律と重ねて聞くといい感じに。
(多分専門用語があるんでしょうが、調べようにもなんと表現していいのか判らないので…。)

どれぐらいずらせば良いのかと言われても良く判らないのでインスピレーションで!
(法則があったらうちが知りたいです。)

あと、ソロだと和音は2つしか無いのでどうしても全ての和音を再現することは無理だと思います。
だから、適度な妥協は必要かと。
で、それらも再現したいとなると『合奏』という選択肢が出てきます。
合奏にすれば違う楽器でも表現できるので自由度の幅が広がります。

そんな感じで今回作ったのが以下のMML。
参考にする場合、ダウンロードして拡張子を『mms』にしてまきまびしーくか3ML Editorで開いて下さい。

sample3.mms
* Category : マビノギーMML作成
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-01-23 (Thu)
投げっぱな感じもしますが、キノセイです。



とりあえず作った主旋律だけのMMLだと流石に寂しいです。
そんな訳で、和音(伴奏)をつけます。

まずは作りたい曲をよーく聴いてください。
主旋律や歌ではなく『後ろの音』を…です。
ベースやドラムなどの楽器で規則正しい音がありませんか?

それを、聞き取って打ち込んでいきます。

ある程度打ち込むと、主旋律と音がずれて違和感を感じる事があります。
その場合は大抵主旋律の音の長さや音階が間違っていると思いますので
主旋律を手直ししつつ和音を入れていきましょう。
mml008.png

で、今回作ったのが以下のMML。
参考にする場合、ダウンロードして拡張子を『mms』にしてまきまびしーくか3ML Editorで開いて下さい。

sample2.mms



音ゲーの場合、主旋律に合わせて叩くとか弾くと言うのはAdvance(中級)程度の譜面なんですよね。
Extreme(上級)の譜面になると片手で主旋律を叩かせながらもう片方でベースやドラムに合わせて
叩かされるなんて事も多いので、否が応にも身に付くというかなんと言うか…

Return

* Category : マビノギーMML作成
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-01-22 (Wed)
そんな訳でやっと耳コピ開始です。

…準備は大切ですよ?



今回、犠牲…もとい、参考に作るのはコレです。

楽器はリラ。1人演奏用の予定です。

まず曲のテンポですが、何も決めないとマビはデフォルトT120になっています。
当然全ての曲が同じテンポなわけ無いので、作りたい曲のテンポを調べる必要があるのですが
素人耳(自分)にはテンポ幾つにしたらいいか判りません。

そこで登場するのがグーグル先生。

先生に『(耳コピる曲名) BPM』で聞く(検索する)とあら不思議。
mml004.png



…そこ、手抜きとか言うなー。

ホラ、よほどマイナーな曲でない限り正確に判りますし、自分で調べるより正確ですし!

もしそれで判らない場合は、まずはそれっぽい速度に合わせてその後曲の一部を作ってから
mp3やYoutubeで再生して作った部分に差し掛かった時にタイミングよく3ML Editorの
再生ボタンを押して遅いか早いかを判断して微調整すれば大体あいます。
正確でなくてもいいんです。耳コピですし。

で、テンポが決まった所でまずは、こう入力します。

『T187c』 ←数字はテンポ(マビでは60~200の範囲)
mml006.png

何故これを入れるのかって?

今後色々調整していく上で、テンポが消えてしまう事があるからです。
ちょっと先の話になりますが、まきまびしーくや3ML Editorには『MML圧縮』と言う機能があります。
圧縮時に、Tに続く文字がr(休符)の場合、テンポが消えてしまう事があります。
だから、消えないようにおまじないとして上記文字を入れておきます。
曲が完成したらそれを調律符にしてもいいし、Tの位置を変えて消してしまっても構いません。



テンポを入れたら後は曲を聞きながら音を拾っていくだけです。
いわゆる鼻歌や口ずさむ部分を聞いてインスピレーションで。
音の高さや長さ、大きさを調整しつつ、ちょっと作っては再生しつつやっていけばそのうち出来ます。
…たぶん。
(いや、詳細は作る曲にもよりますし、こればっかりは言葉での説明難しいです。)
mml005.png

多少音の長さや休符がずれてても構いません。
どーせ、後で微調整します。
まずは勢いで!

以下まきまびしーくの簡単な説明。
mml007.png

でもって、今回作った主旋律だけのMMLが以下。
参考にする場合、ダウンロードして拡張子を『mms』にしてまきまびしーくか3ML Editorで開いて下さい。

sample1.mms

* Category : マビノギーMML作成
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-01-21 (Tue)

そんな訳で。

いや、どんな訳かと聞かれても困りますが。



『前回インストールした2つのソフトをどう使うんだ!』って事ですが…

まきまびしーくで作る
    ↓
まきまびしーくで保存する
    ↓
3ML Editorで読み込む
    ↓
3ML Editorで楽器を合わせる
    ↓
3ML Editorで保存する
    ↓
まきまびしーくで保存する ← ココ重要!


以後、まきまびしーくで作って3ML Editorで再生して確認の繰り返しとなります。

まきまびしーく
mml002.png

3ML Editor
mml003.png

3ML Editorで保存した後でもう一度まきまびしーくで保存すると
3MLの楽器設定を残しつつまきまびしーくでも読めるようになります。

これを忘れてまきまびしーくを終了すると、そのファイルはまきまびしーくで読めなくなります。

もしやってしまった場合は、作成したファイルの拡張子を『.mms』から『.mml』
に書き換えて、3ML Editorで読み込んだ後、各行を全て選んでコピーして
まきまびしーくの入力エリアに貼り付ければ復旧は可能です。
今度は忘れずに保存してください。
* Category : マビノギーMML作成
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-01-20 (Mon)
※この記事は書いてる時点(2014年冬)の現状を元に書いています。
 その為、今後仕様変更やその他の理由によりそのまま使えない可能性があります。

まず、自分は楽器は弾けませんし楽譜も読めません。
リアル音楽知識も当然未修得レベルです。
あるのは音ゲーで鍛えた(?)耳だけです。

だから、専門用語も知らないし色々間違ったことを書くかもしれませんが
適当にスルーして下さい。ツッコまれても反応に困ります。たぶん。

個人的に耳コピは『音のパズルみたいなもの』と思っています。
曲を聴いて、同じ様に再現出来るとなんかぴったりピースがはまった感じになって。


まぁ『校長のお話』みたいな無駄な前口上は程々にして。

そんな訳で。

用意する物ですがまずは以下の物を。
と言うか、自分は以下の物を使ってます。

まきまびしーく
3ML Editor (楽器プリセットファイル
・作りたい曲の音源(mp3でもYoutubeでも任意の場所から再生出来れば何でもOK)


で、インストールとかの手順は面倒なので割愛するとして。

使う前に少し細工をします。

まきまびしーくが参照しているマビのファイルがありますが、2013年のアリアのパッチ前後から
それを読み込むと不正終了してしまいます。(少なくとも自分の環境では)

インストールフォルダを開いて、mmseq.iniの内容を少しだけ書き換えます。
mml001.png

何故、そんな事をしてまきまびしーくを使うのかって?

なんと言っても譜面の上にマウスで直接書けるのが魅力です。
個人的に3ML Editorの文字入力は苦手なんです。
だから入力用としてまきまびしーくを使用しています。
cdeのコードで直接書いてもイメージが中々掴めませんし…。
(そもそも楽譜読めないのにドレミで言われてもわかりませんがな。)


じゃあ、何故まきまびしーくで全部やらないのかって?

それに、開発が既に終了されている(と思われる)為、実装された新しい楽器に対応していない事と
環境の問題か、マビのファイルを参照させた状態で再生すると稀に不正終了するからです。



で、まきまびしーくの入力方式は捨てがたいが、歌やピアノが使えない。
かといって、3ML Editorはマビの最新の楽器や歌にも対応しているけど
コード直打ちに慣れるのが面倒だし…

       |
   \  __  /
   _ (m) _ピコーン
      |ミ|
    /  `´  \
     ('A`)        だったら両方使えばいいじゃない!
     ノヽノヽ
       くく

そんな訳で両方を使います。

なのでまずはその2つのソフトをインストールしましょう。

* Category : マビノギーMML作成
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。