タルラーク鯖に生息する とある(自称)魔法使いの日々。 マビの事とか、気になる事とかを徒然なるままに。
01 << 2017/02 >> 03
12345678910111213141516171819202122232425262728
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2016-02-28 (Sun)

このネタがついに現実に!
20160228002.jpg

フールだけど、フールじゃなかった!!



6/18公開だそうです。
見に行かねば!
スポンサーサイト
* Category : 映画
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-11-20 (Tue)
映画『ドラゴンボールZ 神と神』
は、2013年3月30日公開予定だそうです。
いきなり英語版サイトもあるって事はアメリカと言うか世界同時公開とか目指してるのかな。

話の内容は、ドラゴンボールZとドラゴンボールGTとの間の空白の10年間だそうです。
今回は、原作のとりやまあきら氏が深く関わっていると言う事でかなり期待できそうです。

ちなみにハリウッド版ドラゴンボールはツッコミどころ満載と言うか何と言うか…。
監督「ドラゴンボール見たこと無いけど映画作ってみた」みたいなノリの作品です。
豪華同人パロディにしか見えませんが、ある意味超お勧めです。

ツッコミ疲れで、見終わった後にいい疲労が。
多人数で見るとしばらく共通のネタになる事うけあいです。

エヴァQは今週行ってきます!

Return

* Category : 映画
* Comment : (0) * Trackback : (1) |
個別記事の管理2012-03-09 (Fri)
しばらく前の徹夜明けに観て来ました。

シナリオは逆転裁判1のDL6号事件をベースにしていますので
事前に1をやっておく事をお勧めします。
(事件の現場とかが微妙に違いますけど、殺ってる事は一緒です。)

結構忠実に再現しててある意味安心して観ていられました。
無罪の時の紙吹雪と掃除してるおばちゃんとかはシュールで
笑えましたね。

他にも、突っ込みどころも多くて総じて楽しめましたが
傍聴員の総ずっこけは要らないと思います。

あと、裁判所のギミックが何と言うか…あの悪名高きキャシャーンを
彷彿とさせるのは何故でしょう…?



キャスティングも良い感じにはまっていて楽しめましたが
糸鋸刑事がちょっと細いかなぁ。ラガーマン風の人のほうが似合うかも。

マヨイちゃんは、もうちょっと天然系おとぼけキャラな感じ
の方が似合うかなぁと。

ナルホド君の髪型は超がんばってた!
でも、本人ちょっと弱すぎと言うか頼りなさすぎと言うか。
ゲームでも確かにそんな面はあったけど強調されすぎかなぁと。

矢張の再現度は凄く高かったです。



多分、半年か1年もすればTV放映されそうなので是非チェックを。



今年は個人的には珍しく邦画の当りが多いなぁ。

Return

* Category : 映画
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

相互リンクのお願い * by nou
こんにちは 

『お小遣い稼ぎ・節約ナビ ぎんだま!』というサイトを管理しておりますnouと申します。

マビノギでは キホのびらぼん で遊んでいます。

このたびは、弊サイトと相互リンクを結んで頂きたく、お願いにあがりました。

もし、ジャンルの異なるリンクにご抵抗ございましたら、カテゴリ別リンク集へのリンクでも構いません。その場合、リンクタイトルは「ぎんだま ゲームリンク集」 などご自由にお決めくださって構いません。(が、できましたら、下記のリンクURLでお願いします...)

弊サイトリンク集は、トップページ直下のページのためページランクが付き易く(現在最大ランク3)、カテゴリ専用ページですのでSEOにも多少の貢献ができるかと思います。

相互リンクしていただくサイト様が増え次第 ネトゲカテゴリ、マビノギカテゴリなんかも作れたらいいなぁ と考えています。

ぜひご検討のほど どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリ・ご紹介文変更も承っておりますので、お申し付けください。

貴サイト様リンク設置URL:http://portechance.blog.fc2.com/blog-entry-163.html

宜しければリンクは以下のものでお願いいたします。

アンカーテキスト:ポイントサイト・アンケートモニター・アフィリエイトでお小遣い稼ぎ-ぎんだま!
リンクURL:http://portechance.blog.fc2.com/

個別記事の管理2012-01-29 (Sun)
と言う事で、いってきましたロボジー

ロボジー

感想とかは一応以下で。

簡単なあらすじとしてはこんな感じ。

中堅?の白物家電メーカー「木村電器」の社長が全く知識の無い3人に
ロボット製作を命じる。製作期間は3ヶ月。
それをロボット博覧会に出展する事が決まっており製作に取り掛かるが
製作中に暴走し完全破壊となる。
困った3人はロボットの中に人を入れて急場をしのぐ事を思いつき
オーディションを実施。その結果、鈴木さんが選ばれて着ぐるみショー
と誤魔化されてロボットEXPOに「ニュー潮風」として出展される。
そこでひと波乱ありその結果ニュー潮風は一躍国民的ヒーローとなるが…。


まず、ロボット博覧会ですが実際にあるようです。
INTERNATIONAL ROBOT EXHIBITION

…というか、既に乱入していたようです。


木村電器のイメージはどんな感じかなと考えた所…
・結構な敷地を持っていて、おそらく生産工場は別にある。
・建屋が結構古い=歴史がある
・洗濯機や冷蔵庫だけでなくエアコンも作っている

と言う事から「ダイキン」辺りかなぁと…。

「ニュー潮風」にも色々ツッコミ所はあるのですが。例えば…
・3ヶ月で既にボロボロ状態、家電メーカーにあるまじき塗装のもろさ…?
・外装とは言え、あれだけのパーツの板金・塗装の図面(外観図や展開図等)
 を一体誰が作ったのか⇒3人とも素人のはず…?
・それでもちゃんと一応動いていた
 と言う事は、内部に骨格なり何なりが詰まっていたわけですが(ry

あと、社内の体制にも色々と問題がありそうですが…。例えば…
・社員3人にまかせっきりで誰も監督していない。
 ⇒普通は上長(開発責任者とか)が居るはずなのですが…。
  あの3人にどう見ても上下関係はなさそうですし。
・一般家電売ってるなら広報担当とか会社に無いのかなぁ?
 ⇒たとえ嘘でも精密機器なんだから、地方巡業している
  プ○キュアのきぐるみショーみたいな売り方はどうかと…
・技術者としてはロボットなんて興味津々なものでしょうから
 社内でも何がしかの動きがあると思うのですが…。
 ⇒それ以前に3人を知ってる同僚たちが本当に彼らがそんな物を
  作れるのか?と言う疑問に行き着くと思うのですが…。
・そもそも開発3ヶ月でロボット博に出そうと言う考えが間違っている気が。
 年計とか長期計画とかないんかいっ!って思いますね。
 ⇒そこらの一般人3人連れてきてブース取れたけど出せなくなったから
  コミケまでに一冊作って製本まで50部仕上げてね。3日で。
  そうそう、オールカラーで20ページぐらいあればいいかな。
  …と、振られるぐらい酷い気がします。

まぁ、そんな些細な事は置いておいて、一躍有名になったら引っ張りだこで
いろんな出演依頼が殺到してまして。
そこで色々やらかすので、ロボットとしての敷居というか製作難易度
はどんどん上がっています。
まぁ、某アッテンボロー提督も言っていましたが
「情況が好転する見込みが無いなら、ここで何をやらかしても問題は無い!」
と言うことですね。

で、そんな日々は長く続くわけも無く、ついに疑惑が出てくるのですが…。

あ、そうそう、途中あまりにも風呂敷広げすぎて最後どう収拾つけるのか
ハラハラしましたが、ナイスアイデアで全てが丸く収まってますので
ご安心を?

でも、こんな「嘘から出た真」なら良いですよね。
(ただ、まじめな話、ハッピーエンドで済んでるから笑い話ですが
 もしバレたら企業イメージには深刻な傷が残りますし
 あまり褒められた事ではありませんね…。)


そして歴史は繰り返す…っと。

最後に一言「携帯はまだ早い!」
子供たちの微妙な顔と言いコレには笑いました。






…あれ?






感想書くの忘れてた…。

感想としては、素直に笑える良い映画だったと思います。
こう、計算されたツッコミ所とかちょっとしたギャグとか
飽きさせない工夫も多く今年一発目の映画としては上出来です。
素直にお勧め出来ます。

ただ、ネタが大人向けなので小中学生には面白さがわからないかも…。
なんというか「社会人あるあるwww」みたいなネタが多いので。

Return

* Category : 映画
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2011-07-04 (Mon)
久々の映画ネタ。
一応ネタバレ含みそうなので、OKな人だけ。
ちなみに、SUPER8とは1965年にコダックが発売したカセット式の
フィルム、及びその規格のカメラのことだそうで。

今年の夏は、まだ見たいものが結構あるので時間見て行かないと。


映画自体は、派手さとチープさ(?)で結構楽しめました。
正体不明な何かの演出もどっかで見たなぁと思ったら
やっぱりスピルバーグだけでなくクローバーフィールドの人でした。
ただ、あらすじにあった少年たちが秘密を目撃したからどうの
というのはあまり無かったような。
むしろ事件後の町の壊滅騒動(?)に巻き込まれてる感じでした。
だから、事件が起きるまではストーリー的には必要ですが退屈かも…?

ただ、色々とツッコミ所は満載で…。
・アメリカの列車は夜中に警笛を鳴らしまくりで走っているのでしょうか…?
・ピックアップトラックが一台ぶつかった程度であの脱線・あの爆発は
 やりすぎじゃないかと。それこそ列車の床下で爆発しないとあんな飛び方
 しないんじゃないかなぁ…?
・フィルムの空箱を手に取った大佐の意味は?
 目の前で撮影してるのに気付かない大佐ってもしかして…βακα?
 いえ、あまりに露骨過ぎてこいつらじゃないと決め付けていたのか…。
・秘密を見られた(?)割には捜索の手が緩い気がします。
 というか、その時点では列車通過と事故と事故現場以外
 見てなさそうだから甘かったのかな?
・バスは何で襲われたんでしょうねぇ…? 
・墓場の倉庫?見たいな所に穴が隠されているのはいいのですが
 その倉庫に正体不明な何かはどーやって入ったんでしょうねぇ…?
 他に地上に通じる穴は無いみたいですし…。
・1日以上逆さ宙吊りされた人が降ろされてすぐに走れるものでしょうか?
・最後手前の何となく判り合う様な演出は一体?というか、前2人の立場は…?
・ヒロインの名前はアリス、ブロンド、ゾンビ映画と来たら…何か思い出しませんか?
 もっとも、偶然かもしれませんし、ブロンドは初代だけ(?)ですが。

他にも色々あるけど、とりあえずこんな所で。
気になる方は劇場で是非?

Return

* Category : 映画
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2011-02-28 (Mon)
せっかくなので。

『ねこばん3D』
内容:
定年後のおぢさまが、屋根から飛び降りるまでのストーリー。
猫はおびえてるわ、野良設定のはずなのにトリミングは完璧だわ
意味不明な演出が多いわで映画としてはどうかと思いました。
エンディングテーマの『ふたりぼっち』はよかった。
で、何より問題だったのが…

友達の初3Dが
『画面いっぱいのおっさんのアップ』
からスタートしたと言う事で…なんか、ホントすまんかった。


『パラノーマル・アクティビティ2』
内容:
空き巣に入られた(実際は空き巣じゃないけど)事をきっかけに
家庭内に監視カメラを設置してそれを大公開するほのぼのホームビデオ。
ほんのちょっと悪魔が憑いたり、ポルターガイスト現象が起きたり
(自主規制)する程度。

息子の名前に『HUNTER』なんて付けるなんて
日本のDQNネーミングブーム(?)があっちに飛び火してるんじゃないか?
と不安に。それとも、うちが知らないだけで一般的な名前なのかな?
始まる際に『クレジット後に衝撃の事実が云々』と出たため
誰も席を立ちませんでしたが…まぁ、斜め上に衝撃の事実でした。

定点カメラの映像なので、伏線が隠れてるのかと邪推し
人が映ってる所以外を注視してましたが特に怪しい点は無かったと思う…。

在宅仕事で、プール庭付き一戸建でWEBカメラ6個も付けれるなんて
(玄関外・玄関内・プール・子供部屋・リビング・キッチン)なんてうらやま。

防犯システムだと、1秒枚の静止画を半月間ぐらい保存するのが一般的ですが
(保存期間は保存HDDと画質依存)
映画のシステムだと音声付動作撮影なのでPanasonicWEBカメラで考えても
今の見積もりで軽く50~100万ぐらいかかりそうです。
さらに音声付の映像で録画し続けた上、1ヶ月間録画しっぱなしにするとなると
700KB/sぐらいで考えてカメラ1台につき1日6ギガ、30日で1.8テラ
ぐらいいるのですが…。
そして、映像記録は2006年10月からの記録なので5年前の価格で考えると
やっぱり、あのカメラシステムで100~200万ぐらいかかってるなぁ。

でも、カメラと動画で玄関前とか監視してみたい気もしますね。
何が映ってるかちょっと面白そう。

ちなみに1は見ていませんけど普通に楽しめました。
* Category : 映画
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2011-02-28 (Mon)
結構贔屓にしてた劇場が2/27で営業終了となるため
最後に行っとこうという事で行って来ました。
見てきたのは『犬とあなたの物語いぬのえいが』。
内容は、短編が4本まとまって映画になった感じですが
お笑いから入って、シリアスで閉めるいい展開でした。
ペット飼ったことある人やペットロスを経験された方なら
きっと目頭が熱くなるかと。

で、リバーサイドモールが閉館してその後どうなるんだろうと調べて見たら
海龍リバーサイドモールになるようで。
…というか、既になってるのかな?そして、劇場閉館というより
ユナイテッドシネマが2/27に撤退と言う事なんでしょうか?
閉館後は海龍シネマ館として営業は継続とか何とか。

で、海龍って何?と調べて見たら…。
…うん、もう行く事はなさそうです。
大体、日本一のパワースポットなら、経営不振になって売却なんて事は無かったのでは…?

既に、観覧車のネオン管は幾つか切れてるし、劇場の電光掲示盤は使えないから
映画タイトルを紙で貼ってるし、駐車場は雑草生えてるし、人気は少ないし
空き店舗ばっかりでなんか、軽い廃墟の雰囲気すら醸し出してる気が…。

* Category : 映画
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。